結婚指輪にはどの素材がいいの?素材から選ぶ!

  • -

結婚指輪にはどの素材がいいの?素材から選ぶ!

結婚指輪の素材について知る!人気のプラチナ

結婚指輪を選ぶときとして、値段やデザインも気になりますが素材を気にする方も多くいます。結婚指輪の素材は様々ありますが、プラチナが人気が高いです。プラチナは希少性、耐久性、純度の高さ、加工のしやすさなどで、トータル的に優れている貴金属です。変色にも強く永遠の美しさを持ったものですし、今は細めのものが人気があります。また、貴金属の中でも高級なものなのでリングに資産価値を求める人にも向いたものになっています。

結婚指輪の素材について知る!メジャーなゴールド

プラチナの次に人気が高いのがイエローゴールドです日本では金と呼ばれています。古代から人々の心を惹きつける金は装飾品として歴史の長い金属です。金の純度には24金、18金、9金とありますが、24金は純度100%ですが、柔らかい素材なので結婚指輪としては向いていなく、資産としての価値は高いです。結婚指輪にするには18金である純度75%が良いです。加工もしやすく、強度も高められているので曲がる心配がありません。9金は純度が低く色合いが薄くまります。

結婚指輪の素材について知る!様々な素材

結婚指輪に人気の素材としてはプラチナ・イエローゴールドが人気が高いですが、それ以外にも様々な素材があります。ホワイトゴールド・ピンクゴールド・パラジウム・チタン・シルバーがあります。ホワイトゴールドは金+白い金属(パラジウム、銀など)でできており安価で加工がしやすいです。ピンクゴールドは金+銀+etsでできており肌になじみやすく女性に人気があります。パラジウムは美しさを持ちながらも低価格です。プラチナの半分の軽さで身に着けるのに適しています。チタンは強度、軽さ、耐久性に優れ、アレルギーが起きにくい素材です。シルバーは低価格で加工しやすく複雑なデザインにも対応できる製品で人気があります。ご夫婦でお好きなものを選ばれるとよいですね。

婚約指輪は男性から女性に贈るものですが、結婚指輪は二人でつけるものです。一般的に前者の方が金額が高いです。