どんなものを贈ればいい!?結婚祝いについて

  • -

どんなものを贈ればいい!?結婚祝いについて

相手の趣味や都合を考えて選ぶ

出欠にかかわらず、招待状を受け取ってから遅くなっても挙式の一週間前には結婚祝いを贈りましょう。同じ品物がいくつ届いてしまわないように、よく考えて選ぶのが大事なんですよ。親しい間柄であれば、希望の品を聞くのもおすすめです。現在では現金を贈るのが主流となっており、食事券や商品券なども喜ばれます。品物を決めることができたら、できるだけ持参をして無理な場合は郵送しましょう。郵送の場合は、手紙などを添えるとよいですよ。

お祝い金は先方との関係を考えて決める

結婚式のお祝い金は、品物と同じように挙式をする前に持参するのが正式なんですよ。しかし、現在では披露宴の受付の際にお祝い金を渡すケースも増えています。金額は、披露宴の料理代や引き出物に見合う金額を考えておきましょう。また、4万円や9万円は縁起が悪いため避ける人も多いです。偶数も割り切れるため、敬遠されますが2はペアということで奇数の扱いになるんですよ。また、現金は新札を必ず使って、郵送する場合は祝儀袋ごと現金書留の袋に入れましょう。

結婚祝いの品物は実用的なものを

結婚祝いの品物は実用的でシンプルなものがおすすめです。自分の趣味で選んでしまうと、先方の好みに合わないこともあるので、本人に希望を聞いて役立つものを選びましょう。電化製品を贈るならば、保証がついて交換ができるものを選ぶとよいですよ。交換できる場合は、相手にその旨を伝えておきましょう。この他、友人グループで結婚祝いを贈る方法もありますよ。人数が多ければ予算も増えるので、高価なものを贈ることができます。

太田での結婚式場はいろいろあります。少人数の格安結婚式や、ぜいたくな結婚式まで、お好みにあわせてえらべます。